サーフトリップはプライスレス

サーフトリップはプライスレス

それはサーファーなら誰もが認めることだろう。

あんなバカデカくて重いボードケースを
持っていくのも、プライスレスな楽しみがあるから。

基本的にサーフトリップでは観光地にはいかない。
地球の歩き方なんて何の役にも立たない。

カリフォルニアでは、ディズニーランドや、LAでショッピングをするところを、
サーファーはレンタカーを借りて早朝から海へ向かう。

そこには昼間のカリフォルニアでは感じられない
ひんやりした空気や、海の匂いがある。

ラインナップではアザラシやイルカが出迎えてくれ、
日本では味わえない独特の雰囲気が味わえる。

オーストラリアではオペラハウスや、オパールを買い漁るところを
サーファーはわざわざ田舎に車を走らせて、日本ではあり得ない
少人数のポイントブレイクを堪能する。

カンガルーだって普通にいるんだから、動物園いらず。
もちろん、ここでもイルカに遭遇する確立は高い。

モルディブでは、高級リゾートをハネムーンでイチャイチャするところを
サーファーは船でゆられてアウターリーフの極上の波を探す。

透き通る海は観光客でも体験出来るが、インド洋からのパワーがある
ウネリを体で感じることは出来ない。

サーフトリップで手に入れた最高の波は
何年、いや、何十年経っても記憶に残り、
目をつぶればテイクオフの感覚、ターンの気持ち良さ
チューブの空間が
不思議なくらい鮮明に蘇ってくる。

それを理解出来るのはサーファーだけ。

サーフィン自体がプライレスと言っても
過言ではないだろう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする