「The Box」はこんなヤバい波!

現在開催中の『Drug Aware Margaret River Pro』はウェスタンオーストラリアのマーガレットリバーにある「North Point」とメインの「Surfers Point」で進行。
2015年に使用された「The Box」はまだコンテストにふさわしい波にならず。

しかし、フリーサーフィンは可能で、選手のインスタグラムを見るとその凄さが分かりますが、やはり画像と動画は迫力が違います。

WSLがツアーのバックステージを公開する#TourNotesの最新動画では、その「The Box」でジョン・ジョン・フローレンスなどがサーフィンする姿をたっぷりと見れます。

恐らく、ブレイクポイントの水深は足が着くほどの浅さだと思います。
そんな危険な場所であのサーフィンは狂っているとしか言いようがないし、それも才能の一つ。
特に6:12〜の腰前後の波でテイクオフ、でも、後ろからはダブルサイズのショアブレイクのような波が迫り来て吹き飛ばされるシーンは圧巻。

コンテストでは許されない多くの水中カメラマンが彼らのチューブのシーンを撮影しているので、近い内に様々なクリップで公開されることでしょう。

予想では4月1日の土曜日に期間中一番のウネリが入る予報なので、「The Box」でコンテストをやるならこの日だと思います。
ライブ中継はWSL公式サイトか、スマホ、タブレットならWSL公式アプリで見ることが可能です。

世界トップのサーフィンコンテストは、野球なら大リーグ。
サッカーならプレミアリーグみたいな感じで、MCやカメラマンなどの陣営もプロです。
コンテストに興味が無くてもワールドツアーは別格ですよ。
普段自分がやっているサーフィンとは違うものとして十分に楽しめます。

本当に面白いので、ぜひ。
(見ないと損だ!とまで言っておく)

WSL公式サイト


サーフィンランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

#TourNotes: John John Didn’t Know Where to Go

パタゴニア