カリフォルニアのコートニー・コンローグがベルズ2連覇!


PHOTO: © WSL/ Ed Sloane

ASP(現WSL)発足前の1962年からの古い歴史を持つベルズビーチでの戦い。
表彰式では先住民のアボリジニの化粧を顔に施し、トロフィーに付いたベルを高らかに鳴らすのが習わし。
世界のトップ中のトップのみが許される栄光でもあります。

今年はまずまずの波が続き、すでにウィメンズが終了。
カリフォルニアのコートニー・コンローグが戦士の精神で逆転劇を重ねて最後もステファニー・ギルモアを後半に逆転して優勝。

逆転したライドは最後のフィニッシュでワイプアウトしていたので、9.00が付いた時はあれ?っと思いましたが、
あとでリプレイを見たら、最初の2ターンでも十分なパフォーマンスでした。

コートニーの魅力はそのスタイル。

カリッサ、タイラーがパワーサーフィンだとしたら、コートニー、そしてステファニーはスタイルを重視したサーフィンが武器。
個人的には後者が好み。

タイラーが強過ぎた昨年と一転して今年のオーストラリアレッグはステファニー、サリー、コートニーと優勝した選手が各イベント異なっています。
有利なのは優勝と2位のステファニーですが、まだまだ分かりませんね。

メンズはR4から先が残っているので、早ければ一日。
波次第では2日かかるかも。

マーガレットリバーの勢いでジョン・ジョンがいくのか?
ベルズはクセがある波質なので、そう簡単に勝てるとは思えません。

予想では結構波が上がるみたいので、素晴らしいクライマックスを期待しています。

何度も言いますが、世界トップのコンテストは本当に面白いです。
コンテストに興味がなくても別物だと思ったください。

Get surfing news, watch live surfing events, view videos, athlete rankings and more from the world's best surfers on the world's best waves.

Style is Everything…


PHOTO: © WSL/Jack Barripp


PHOTO: © WSL/ Ed Sloane