J-Bay CTサーファーによるフィッシュのセッション

Such a fun @corona #highline surf today for a great cause… thanks for the fun #ThisIsLiving

Jordy Smithさん(@jordysmith88)がシェアした投稿 –

南アフリカの憧れのライトブレイク、J-Bayで開催中のCT第6戦『Corona Open J-Bay』
初日はR1が行われ、JJF、ガブ、ケリー、コナー・コフィンなどが良いサーフィンをしていました。

2日目の今日はR2。
今日もグラッシーで美しいラインナップ。
良い一日になりそうな予感むんむんです。

初日のコンテスト開催前か開催後に選手によるフィッシュのセッションが行われたそうです。
情報が選手のインスタのみですが、トム・カレンが昔サーフムービーで披露した短いフィッシュにインスパイアされたようなセッション。
動画や写真があれば嬉しいですよね。

と思ったら、WSLのFacebookにありました。

「’Corona Highline’スペシャルヒート。
ジョーディ・スミス、マット・ウィルキンソン、コナー・コフィン、セバスチャン・ジーツ。
レトロツインフィンでJBayを滑る」

You get to be the judges of this Corona Highline Specialty Heat!
Jordy Smith, Matt Wilkinson, Conner Coffin and Sebastian Zietz are cruising on retro twin-fins at J-Bay

追記 7/16に編集された動画がYOUTUBEにアップ。
このボードはデレク・ハインドにインスパイアされたモデルということです。

WSL公式サイト

ライブはクロームキャストでテレビに飛ばして大画面で見るのが一番。
本当にお勧めです。