連休の波 Part2〜サイズダウンながら面ツルの日曜日〜

海の日三連休は日曜日の朝が最も混雑。

これは毎週言えることですが、日曜日の朝の混雑は多くのサーファーが休日で遠くから来る人の海に入るタイミングが重なるため、起こる現象。

逆に人が少なくなるタイミングも一緒で、朝から入っていたサーファーはお昼頃には疲れて上がってしまい、午後は帰宅するため、朝の混雑が嘘のように空いてくる。

だから、朝混んでいる日曜日は余程良い波でない限り、無理して入らないようにしている。

混雑している海は思うように波に乗れないので、ストレスを感じるし、それではサーフィンしている意味がないから。

サーフィンは解放するためにある。

話は飛びましたが、連休中の日曜日は熱低のウネリが弱まり、朝はハイタイドでダンパー。
潮が引けば良くなりそうだったので、午後から改めてきましたが、これが大正解。

前記の通り、サーファーが減り、アウトから良い波が割れていました。
土曜と違って波数は大分少なかったので、エキサイトせずにのんびりとサーフィン。

やっぱりサーフィンは最高です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする