大原洋人が『Vans US Open of Surfing』ベスト16入り!


PHOTO: © WSL/Morris

連日盛り上がっている『Vans US Open of Surfing』

2015年に大原洋人が優勝してから、特に日本でも注目されるイベントになっていますが、
今年はその大原洋人が快進撃を続けているので、本当に気になって仕方がない。

すでにR4が終わってベスト16に大原洋人、五十嵐カノアも残っています。

今年の大原洋人はQSで最高2位までいって、現在は10位。
ワールドツアーに入るには最終ランキング10位以内。

特に重要なポイントが一番高い10,000が5イベントあり。
『Vans US Open of Surfing』が2戦目。
ここで優勝か、上位に入っていれば後半戦が有利になります。

次のラウンド5からはマンオンマン。
元CT選手のリカルド・クリスティが相手ですが、勝ち目はありますね。

一番当たりたくないのは、フィリッペ・トレド。
彼は今最も勢いがある選手だし、昨年も優勝。
エアリアルの成功率はダントツで、隙がありません。

ちなみに大原洋人のサーフボードにはサンクレメンテのアーティスト「Jeff Lukasik」による青いブラシが入っています。
Jeff Lukasikは、FINE ART、BOARD ARTが作品の中心。

本人もサーファーみたいです。
サイトを見ましたが、力強い独特な画風。
気になる方はどうぞ

Thanks @luclassic for the sick art! Also feels amazing under my feet @jsindustries1 !!! Can’t wait for the #usopenofsurfing

hirotoohharaさん(@hirotoohhara)がシェアした投稿 –