タヒチの言葉で「MANA」(マナ)は聖なる力

ジュリアン・ウィルソンの逆転優勝で終わった今年の『Billabong Pro Teahupoo』

ワールドツアーのバックステージを撮影した「#TourNotes」が更新。
タヒチではイベント前にもアップされていたので、珍しく2話目。

今回の#TourNotesはファイナルデイの模様がメイン。
タヒチはアウターリーフなので、通常のイベントと違って普通の観客がいません。

ボートで見ている人もいますが、ほとんどが関係者です。

「#TourNotes」のカメラはライブ中継より臨場感あり。
ジュリアンとガブリエルのファイナル。
最後に逆転した時のオージーチームの興奮は凄いです。

特にミックはJ-Bayでシャークアタックに遭遇した仲なので、ジュリアンの優勝を自分のことのように喜んでいます。

彼らが叫んでいる「MANA」とは、タヒチの言葉で聖なる力。
ジュリアンの逆転劇はこの「MANA」そのもの。

サーフィンのコンテストは自然が相手なので、時に神の力を感じます。
特にタヒチのような文明から離れた場所ではそれがより強くなる。