北朝鮮のミサイルは世界を平和にしない

今朝は北朝鮮が8月29日以来、2度目のミサイル発射を日本に向けて発射。
前回と同じ襟裳岬沖に飛ぶコースだったけど、距離は約1,000km遠く、日本の沖合いに落ちた。

北朝鮮は極端だけど、世界には平和を望まない人、争いを好む人が沢山いる。

いつも争いとは無縁の海に浮かび、波に乗ることだけを考えている自分からするとその人達の考えていることが全く理解出来ない。

争い、憎むことが幸せなのか?

「世界中の人達がサーファーならば平和になるのに」という言葉を聞いたことがあるが、そうは思わない。

海でも争うことが好きな人がいて、声を荒げる人もいる。

少し早い秋休み。
海があまりにも平和だったので、今朝のミサイル発射のニュースを聞いた時は憤りを感じた。

連休中には台風18号が日本を通過する予想。
北朝鮮を直撃しちゃえばよいのにと思うのは矛盾しているか…。


サーフィンランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする