ミック・ファニングがソフトボードのブランドを立ち上げた!

キャッチサーフから始まったソフトボードブーム。

ボディーボードのような素材で普通のサーフボードよりも危険性がなく、ビギナー用、子供用に開発されたサーフボードですが、意外に性能が良いため、プロがこぞって乗り始め、有名なところではJOBことジェイミー・オブライエンがパイプラインでバレルをメイクしたり、2本でパドルアウトして乗りながら違うボードに飛び乗ってバレルに入ったり、かなり上級の遊び道具になっています。

最近はフィンを外したフィンレスが流行っていて、ナキさんなんか、フィンがないのが正義のようにキャッチサーフのフィンレスを愛用している。
(営業的な部分もあるんだろうけど)

キャッチサーフ以外にも、「88」のロゴが目印の「88 SURFBOARDS」
そして、ミック・ファニングが新たにソフトボードのブランドを立ち上げて急速にセールを伸ばしているみたいです。

その名も『MICK FANNING SOFTBOARDS』

ミック本人が本格的な波に乗ったり、ジャック・フリーストーンがリバーサーフをしたりとプロモ映像もバッチリ。

日本にはまだ未入荷みたいですが、すぐ入るでしょうね。

ミックは友人とビール会社も立ち上げて好調だし、ケリーみたいにビジネスの才能もあるのかも…。

自分も興味はあるんだけど、ちょっと高いのでためらっています。

PREMIUM SOFTBOARDS FROM 3 X WORLD CHAMPION MICK FANNING

MICK FANNING SOFTBOARDS from MICK FANNING SOFTBOARDS on Vimeo.