2020年東京オリンピック 追加種目サーフィン 選手選考基準 WSlとISAで合意

Photo: ISA / Ben Reed

オリンピック史上初、追加種目ながらサーフィンが行われることになった2020年東京オリンピック。

コンテストに興味がない人でもオリンピックとなれば話は別だろうし、嬉しいですよね。

そろそろ2018年なので、残り2年半。
宙ぶらりんだった選手の選考基準がWSLとISAから同時に発表されました。

追加種目ということで出場選手は少なく、男女合計40名。

まず開催国の日本は特別枠として男子1名、女子1名。

最大で男子10名、女子8名がWSLのトップであるワールドツアーの選手から選出。

残り20名は2019年、2020年の年齢オープンの国際大会『ISA World Surfing Games』
2019年にペルーのリマで開催予定のパンアメリカン競技大会で決定。

つまり、最低でもこの3つのイベントに選手として選ばれるのが条件。

正式には2018年2月のIOCの理事会で承認が下りてから決まるそうです。

ちなみに会場は千葉の志田下に決定していますが、WSL他、水面下ではケリーのウェーブプールをどこかに建設するために動いているとか。

WSL(ワールドサーフィンリーグ)

世界最大のサーフィンプロ団体。
本部はカリフォルニア、その他、オーストラリア、アフリカ、ブラジル、ハワイ、日本、ヨーロッパにも支部がある。
ケリー・スレーター、ジョン・ジョン・フローレンスなどが参加しているのもこの団体

WSL公式サイト

ISA(国際サーフィン連盟)

WSLがプロ、ISAはアマチュア最大の団体。
国際オリンピック委員会もサーフィン競技の世界統括当局として承認している。
毎年開催される国際大会、18歳以下のジュニア『World Junior Surfing Championship』
年齢オープンの『ISA World Surfing Games』はオリンピックと同じメダル形式になっている。

2017年には日本初のジュニア『2017 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』宮崎県・お倉ヶ浜で開催され、団体で初の銅メダルを獲得。
個人では安室丈が金メダル獲得と開催国として誇れる成績を残した。

また、2018年にはオープン『ISA World Surfing Games』が1990年以来、28年ぶりに日本で開催されることが決定。
開催地は愛知県・田原市、通称「伊良湖」

ISA公式サイト


サーフィンランキング