中塩佳那 2020年東京オリンピック出場を目指す中学生サーファー

箱根駅伝の最中には毎年印象的なCMが入る。

今年はdocomoのCMで2020年東京オリンピック出場を目指す中学生サーファーとして中塩佳那が出演して見入ってしまった。

中塩佳那。

5歳からサーフィンを始め、現在13歳。

宮城の仙台出身。
仙台新港がホームだったが、東日本大震災をきっかけに母親と兄と共に千葉の一宮に引っ越し。

すでに日本のウィメンズではトップクラスの実力を持ち、2017年のNSAではガールズでランキング1位。

2017年に宮崎県のお倉ヶ浜で開催された『2017 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』では日本代表として16歳以下のクラスに出場して9位。

WSLでは2017年の『Ise Shima Pro Junior』で優勝。
総合ランキングは4位。

プロサーファーの兄、中塩裕貴も彼女の才能を認め、母は中学生ながらストイックと言い放つ。

2020年には16歳。

本人は金メダルを獲得したいと話している。


サーフィンランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする