日本着工に向けて最終段階!ケリーのウェイブプール「サーフランチ」が千葉に出来る!?

PHOTO: © WSL / Kenneth Morris

【F+独占取材】日本国内のウェイブプール建設について、WSLのCEOに直撃インタビュー。

ケリー・スレーターが10年の歳月をかけてチームと共に建設した
ウェイブプール「サーフランチ」
カリフォルニアの内陸部「lemoore」にあるこの人工の波はサーフィンの未来を確実に変えている。

商業用ではケリーの故郷フロリダに建設が決定。
そして、二つ目となる施設が日本に建設予定。
すでに日本法人もあり、着工の最終段階に入っているそうです。

サーフランチにはWSLのバックがついていて、
WSLはビジネス的にもサーフランチを大いに利用したい立場。

その大きなチャンスが2020年の東京オリンピック。
世界中が注目するスポーツの祭典であの波が披露されれば、
世界中からオファーが来るだろう。

THE SURF NEWSによると
木更津・君津界隈が濃厚との説。

なんか、本当に現実的になってきた。
場所もそんな遠く無いし、一般公開されたら絶対に行きたい!


サーフィンランキング