千葉、茨城のサーファーはしばらく地震に注意!房総半島沖のスロースリップ現象

6月18日の朝に発生した大阪の震度6弱の地震は南海トラフの前兆とも言われています。

ここ「ちばらき」特に千葉では6月になって房総半島沖で「スロースリップ現象」が発生。
茨城では感じないけど、千葉では小さな地震が続いているらしい。

名前の通り、ゆっくりとプレートが滑るように動く現象で、大地震の前兆という見方もある。
実際に2007年、「スロースリップ現象」の後に震度5弱の地震があったそうです。

気象に詳しいプロサーファー、木下デヴィッドさんもブログで話しています。

@DAVID/木下デヴィッド

今回の「スロースリップ現象」は6月3日頃から観測されるようになり、14日の時点で最大9センチ動いたとのこと。
群馬で発生した震度5弱の地震とは関係ないそうです。

地震と言えば2011年の東日本大震災。
あの時は震源地が宮城県沖でも千葉まで津波が到達。

もし、房総半島沖で大地震が発生したら…。

「スロースリップ現象」は過去に何度も観測されているそうなので、過剰反応はよくないですが、
サーフィンしている以上、命を守るために「もしも」を想定して備えましょう。

・ 皆さん💃 おはようございます🎊 ・ 気になったので、勉強してみました(笑) 😂😂😂 ・ 平成30年6月11日 国立研究開発者法人 防災科学技術研究所が発表💡 ・ 全国には、高感度地震観測網が整備されている。これに併設された高感度加速計により、今回、房総半島沖の「スロー地震」(スロースリップ)による地殻変動が確認された。しかし、過去の活動と比較すると規模は小さいものみたいです。 南東方向に約6.5cm。 ・ 房総半島沖では、海側のプレートが陸側のプレートの下に沈み込んでいる。 ・ わかりやすく言うと、プレートに蓄積された歪みが、本来の位置に戻る時(高速)にパワーが解放される。これが地震。本来の位置に戻るのがゆっくりなのがスロースリップ。 ・ スロースリップ自体は、地震波を出さないので、地震計では記録されることはないが、 高感度加速計により、とらえることができる。 スロースリップ後、過去に周辺で大きな地震が起こる特徴がある為、注意してくださいと今回、報道された。 ・ マグニチュードになおすと、6.3だった。 もし、スロースリップではなく、普通の地震であったなら…そう考えると恐怖。 ・ スロースリップ後 2014年1月には震度3が2回 2007年8月には震度5弱 の地震が起き、周辺で地震活動が活発になることから、注意をしてくださいってこと。 ・ 心の準備💡 備蓄の確認💡 大切な人との連絡の方法💡 避難経路の確認💡 ・ 備えあれば憂いなし。 ・ ↑わかりやすく言うと デートの時には新しいパンツをはいていけ❤👈😂と言うこと(違w ・ ボケられずにはいられない。 ・ 笑いをとりにいく(笑)😂👈 ・ 謙虚さを忘れずに ・ 言葉使いは大切に ・ Good morning 💃🎶🎶🎶 everybody🙋🎶 ・ Have a nice day❤ ・ #笑顔 #happy #like #love #smile #地震 #スロースリップ #備え #愛情 #愛 #笑顔を守る #地震波 #スロー地震 #プレート #房総半島 #千葉 #千葉県 #防災科学技術研究所 #ゆっくりすべり

ゆたかさん(@1173yutaka)がシェアした投稿 –


サーフィンランキング