五十嵐カノア 南アフリカで開催されたCT第6戦『Corona Open J-Bay』で今シーズン最高位の3位!

PHOTO: © WSL/Cestari

昨年は素晴らしいコンディションだったJ-bayのCT第6戦『Corona Open J-Bay』

今年も良かったけど、昨年と比べると平均的な波だったかな。
毎日のようにサメが出て中断、ファイナルデイはイルカも遊びにきていました。

それだけ自然が豊かだってこと。
サーファーにとって理想の場所ですね。

優勝は2年連続でフィリッペ・トレド。
昨年の勢いも凄かったけど、今年も安定していました。

ファイナルデイにピークを持っていき、
五十嵐カノアとのSFは特に爆発。

コインランドリーに行っている隙にコンボに追い込まれていた…。

カノアも今回ハイエストスコアを出すなど活躍していましたが、
フィリッペと比べるとまだまだですね。

メンズの次はウィメンズ。
すでに始まっています。

ライブは以下で↓
https://www.facebook.com/wsllive

メンズは『US OPEN』からのタヒチ。
本格的な夏の到来です。

ちなみに今日は久々の雨とオンショア。
寒いくらいでした。

週末はちょっと良くなりそう。

自分のサーフィンを示す機会を与えてくれたJ-bayに感謝するよ。

エンドレスな波とエキサイティングなヒートの楽しい数日間だった。
常にあんなヒートを求めていたんだけど、上手くいかなかったんだ。
まだ足りない部分がある。
でも、前回までのコンテストよりも気分は良いし、ほっとしているよ!

これは始まりに過ぎない。
応援ありがとう!


サーフィンランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする