『Vans US Open of Surfing』五十嵐カノア& コートニー・コンローグが優勝!

© WSL/Morris

昨年、五十嵐カノアが『Vans US Open of Surfing』のタイトルを獲得した時も感動したけど、
今年の2連覇は更に感動した。

こんなドラマみたいなことがあるんですよね。

ハンティントンビーチで3歳の時にサーフィンを始め、
ここで育った少年が最も大きなイベントで2連覇。

今年は国籍を日本に変えて、少し複雑になった環境だったけど、
本人の気持ちはハンティントンローカル一色。
特にこのイベントを戦う時はそれしかなかったと思う。

ファイナルでは追い込まれ、最後の最後に逆転。
ほとんど気迫で勝ったようなものだけど、才能があるからこそ。

あのライディングの後も、優勝した直後も狂ったように興奮。
冷静な裏で誰よりも内に秘めた情熱を持っているのでしょう。

congrats kanoa!!

ウィメンズは怪我から復活後も苦戦していたコートニーが優勝。
彼女はハンティントンローカルではないけど、近所だし沢山のサポートを受けての勝利。

とても嬉しそうでした。

次はタヒチ戦。
どうやらフィリッペがガッツリ修行しているみたいです。

今週末にはウェイティングピリオドがスタートします。

『Vans US Open of Surfing』公式サイト

© WSL / Sherman


サーフィンランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする