そこにサーフィンの未来はあるのか?最新ウェーブプールまとめ 2018年8月

PHOTO: © WSL/Morris

ここ数年、加熱しているウェーブプール競争。

昔は日本にも宮崎のシーガイア(確か埼玉にも)があり、プロのサーフィンも見れましたが、現代のウェーブプールはレベルが違います。

サーフトリップの選択肢としても十分考えられる最新のウェーブプール。
ちょっとまとめてみました。

スポンサーリンク

海外のウェーブプール

COVE

現在のウェーブプール競争にまず火をつけたのはヨーロッパの「Wavegarden」が建設した「COVE」

場所はスペイン。
2005年に開発がスタートして2008年に建設が始まり、2010年に完成。
2012年に現在のクオリティになった。

その波にヨーロッパレッグの最中のCTサーファーがこぞって訪れて映像が公開された。

Surf Snowdonia

「Wavegarden」はイギリス山間部にも『Surf Snowdonia』の名称でウェーブプールを建設。

「COVE」は関係者しかサーフィン出来ない研究施設だが、『Surf Snowdonia』は一般公開され、誰でもサーフィン可能。
ビギナーから上級者までレベルが調整可能で、上級者の波だと45ポンド(日本円で約6,400円)〜。

詳細や予約は以下で。
『Surf Snowdonia』公式サイト
https://www.surfsnowdonia.com/surfing/

2015年にはこの『Surf Snowdonia』でRed Bull主催による初の招待制コンテスト『Red Bull Unleashed』が開催されて話題になった。

『Red Bull Unleashed』にはRed Bullのライダーを中心にジャック・フリーストーン、カラニ・デイヴィッド、ミッチ・クルーズ etc…。
日本からは新井洋人が招待された。
優勝はフリーサーフィンで有名なアルビー・レイヤー。

「Wavegarden」方式のプールはオーストラリアのメルボルン、イギリスのブリストルにも2019年にオープン予定。

「Wavegarden」公式サイト
http://wavegarden.com/

ケリーのサーフランチ

「Wavegarden」の一人勝ちだったウェーブプール事情を一変させたのがケリー・スレーターの「サーフランチ」
2015年の年末、パイプマスターズの直後に自身のライディング映像で公開。

以前から噂にはなっていたが、ほぼシークレットで開発が進み、約10年を費やして完成したその波は完璧。
あの動画、演出にも凝っていて、さすがケリーって感じで凄いインパクトだった。

サーフランチがある場所はカリフォルニアの内陸部。
「レモー」という田舎。

Kelly Slater Wave Company
http://www.kswaveco.com/

サーフィンでも億万長者、ビジネスでも億万長者のケリーはサーフランチを金のなる木にした。
自分が最も力を持っているプロ組織のWSLと提携、次々とCT選手を招待して映像を公開。

研究から完成には何十億もかかったと言われているから、回収するまではかなりの時間がかかるだろうが、富も名誉も手に入れた後、人生をかけて情熱を注いだことがあれだけの形になったのはさすがとしか言いようがない。

2017年8月には当初のライトの波だけからグーフィーの波も造り、神様ジェリー・ロペスを招いてお披露目。
この演出もにくい。

そして、サーフランチで初のサーフィンコンテスト『Future Classic』が2017年9月に開催。
これは試験的なコンテストで、ライブ中継はされず、観客もいないクローズイベント。

選手も招待だけで、コンテスト中はSNSなどでタイムラインが公開。
後日に詳細が発表。
ショーン・トムソン、ラビット、MRなどのレジェンドもこの波に乗った。

ここからの展開は早く、2018年5月には観客を招き、ライブ中継も配信の初のオープンイベント、『Founders’Cup of Surfing』が開催。
これはUSA、ブラジル、オーストラリア、ヨーロッパ、ワールドの5つチームによる団体戦。
オリンピックを意識したフォーマットでもあり、盛り上がった。
そして、五十嵐カノアが所属するワールドチームが優勝した。

2018年9月6日〜9日には初のCTとなる第8戦『Surf Ranch Pro』が開催される。

ケリーのプールだけにコンテスト色が強いが、ロペスの他にもウィングナットやカイ・レニー、アレックス・ノスト、スキムボーダーやボディーボーダー、最近ではジャレット・メル,ケリア・モニーツなどのロングボーダーも招待されるなど幅広いサーファーがこの波でフリーサーフィンを楽しんでいる。

日本人では確認出来る限り、五十嵐カノア、糟谷修自、大原洋人の3名がサーフィン。
大原洋人は『Surf Ranch Pro』のトライアルで優勝、見事にワイルドカードを獲得した。

嬉しいことに2020年の東京オリンピックの会場にするべく木更津にこのサーフランチの建設計画がある。
パブリックのプールではケリーの故郷フロリダに建設予定、日本が第2号になる可能性がある。
完成したら絶対に行きたい。

BSRサーフリゾート

現在、サーフランチの対抗馬となっているのが、アメリカのテキサス州にオープンした「BSRサーフリゾート」
サーフランチよりもコンパクトな波でバレルもある。

サーフランチがリーフブレイクだとすれば、こっちはビーチブレイクというイメージ。

サーフランチとの大きな違いは、最初から一般開放されたこと。
料金は1時間60ドル(料金設定は変動している)

短い波にバレルとエアーセクションがあり、上級者向け。
9月には「Stab mag」主催のエアリアルコンテストが開催される。

最近では日本人プロによる映像が公開された。

「BSRサーフリゾート」公式サイト
https://www.bsrcablepark.com/bsr-surf-resort/

SAMURAI Waco Wavepool Session/大橋海人、大原洋人、松田詩野

シェーン・ベッシェンの息子、ノアによるセッション動画

Nランド

テキサス州には他にも「Nランド」というプールが2016年10月にオープン。
「Wavegarden」の一般公開されたプール第2号。

利用料金は1時間60ドル〜。
『Surf Snowdonia』と同様にレベルで波が調整可能。
それによって料金も変わる。

「Nランド」でのアルビー・レイヤー、トリー・マイスターによるセッション

トレーニング施設としての可能性

そもそも、ケリーを始め、莫大な費用を投じて何故ウェーブプールを作るのか?
海が無い場所でもサーフィンが出来るように。
レジャー施設としての可能性などがあるが、
サーファーのトレーニング施設という部分が大きい。

サーファーなら分かる通り、サーフィンするには自然の波が必要。
上手くなるためには良い波でやるのが効率が良いし、
逆に悪い波でいくら練習を重ねても上達は出来ない。

実際に「サーフランチ」では2020年の東京オリンピックのオーストラリア強化指定選手が合宿に利用。
「BSRサーフリゾート」はアメリカチームのオフィシャルパートナーに採用された。

日本にサーフランチが完成すれば、もっと世界で活躍する選手が増えるかもしれない。

日本のウェーブプール

日本におけるウェーブプールの歴史を紐解くと宮崎のシーガイアを紹介しなければいけない。
システム的には波が立つプールを改良したような感じで、かなりクセがありそう。
御存知の通り、バブル崩壊によってこのプールは無くなった。

コウベレイーズ

2016年に神戸に完成した「コウベレイーズ」
年々バージョンアップを重ね、クオリティも上がっているそうです。

料金は1時間45分で10,000円。
予約不要、定員なしのコースだと同料金で2時間45分。

公式サイトで間屋口香さんのライディングが公開されていますが、結構良い波かも。

「コウベレイーズ」公式サイト
http://www.kobe-reyes.com/

citywave Tokyo

2018年8月11日、東京・品川大井町の「スポル品川大井町」にオープンした
「citywave Tokyo」はこれまで紹介したプールとは方式が全く違い、フローライダー。
斜面に水を流してその上に乗る感じ。

都内だけに話題になりやすく、王様のブランチを始め、結構メディアでも紹介されている。

料金は50分で6,200円。
現在はオープニングキャンペーンで5,400円。

9月の予約状況を見ると平日なら十分空きがあり。
でも、このプールはちょっとそそられないかな。
普通のサーフィンと違って難しそうだし。

「citywave Tokyo」公式サイト
https://citywave-tokyo.jp/

新井洋人・市東重明・勝又正彦の3名のプロによるライディング

サーフランチ東京(仮)

2018年7月に毎日新聞が木更津での建設計画を発表。
その前からサーフランチの日本法人が設立されたり、用地買収が行われたり、
水面下で計画は進んでいた。

建設地は木更津北ICのすぐ近くの木更津市笹子地区。
2018年9月着工、2019年12月完成。2020年1~3月開業予定。

すでに住民説明会も行われているが、都市計画法第29条に基づいた開発許可がまだ下りていないとのこと。

2020年東京オリンピックの会場は千葉の志田下に決定しているが、サーフランチ東京の完成予定時期や、何十億もかけて日本に建設することを考えると、ひっくり返る可能性は十分にある。


サーフィンランキング

PAOやシックスパッドで有名なMTGのオンライン。
姿勢矯正は腰痛予防にも結び付く。
色々調べたいと思っています。