千葉北サーフィンからのボヘミアン・ラブソディ

そんなにロックは好きな方ではありませんが、クイーンの「ボヘミアン・ラブソディ」とは少し縁があって
このタイトルの映画が上映されると聞いて楽しみにしていました。

今日は時間があったので、朝海に行った後にお昼から映画館へ。

波はまあまあ良く、後ろ髪を引かれる感じでしたが…。

クイーンは「ボヘミアン・ラブソディ」と有名な曲をいつくか知っているのみ。
にわかファンとも呼べない自分。

でも、冒頭から引き込まれました。

主人公はクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの生涯。
45歳にしてエイズでこの世を去ったレジェンドの物語。

劇中は常にクイーンの曲が流れ、ライブもリアル感あり、興奮して見ることが出来ました。

最後の20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」の映像は鳥肌もの。
あとで検索したら、観客は実際の映像を使用している見たい。
ステージのパフォーマンスは完コピ。
ピアノの上のペプシの位置まで一緒。

音楽の力って凄い。
本当にオススメします。

ちなみにフレディ・マーキュリーはネコ好きだったみたい。
度々、ネコが登場していいアクセントになっていました。

解説

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。

これが本当の「ライブ・エイド」の映像。
映画を見ればリアルさが分かる。


Gはフラット


サーフィンランキング