サーファーは暴力をふるうのか?

現在開催中の『Billabong Pipe Masters』
ワイルドカードの2枠を決めるトライアルの前、ハワイアンのタナー・ヘンドリクソンが2018年のCTルーキー、ブラジリアンのマイケル・ロドリゲスに暴力をふるい、トライアルの出場停止と5000ドルの罰金を課せられたというニュース。

詳細はまだ明かされていませんが、プロスポーツ選手として暴力はNGですよね。

過去にも同じような暴力事件は結構あって、最近だとジェシー・メンデスとマイキー・ライトがマーガレットリバーでトラブルを起こしていました。
(すぐに和解したそうです)

最近はそうでもないですが、ハワイアンとブラジリアンは仲が悪いことで有名。
サニー・ガルシアがネコ・パラダッツを追いかけ回したのが特に印象的。

最近は見ないですが、昔は「ちばらき」の海でも見かけたことがあるし、
バリ島ではローカルがもろファイトしたのを目撃したこともある。

サーファーは気が短い人が多いのかな?
いや、そんなことはないと思う。

せっかく楽しむためにサーフィンしているんだから、
カリカリしなければ良いのにね。


サーフィンランキング

スポンサーリンク