世界のサーフィンニュース 2019年1月21日

世界のサーフィンニュースの個人的なランキング。

No.1
『Da Hui Backdoor Shootout』で松岡慧斗がパーフェクト12を出して個人3位&中村昭太が4位

時期的に年末の『Billabong Pipe Masters』よりも波に恵まれることが多い『Da Hui Backdoor Shootout』
ローカルコンテストなので情報量は極端に少ないのですが、昨年、今年と日本人選手が活躍したので、日本では結構取り上げられています。

昨年、パイプラインで11ポイント(パーフェクトは10ではなく、12)を出して個人3位に入った松岡慧斗が今年はなんと!パイプラインでパーフェクト12を出して唸らせていました。
今年からチームジャパンに入った中村昭太もバックドアメインでスコアを出して4位。

松岡慧斗の12ポイントライドはSurfline主催の映像コンテスト『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』にもエントリーされ、早くも今年の総合優勝を狙えるのでは?と言われています。

松岡慧斗、小さいんですが、秘めたパワーは凄い。
リスペクト!

O’Neill Wave of the Winter エントリー作品

『Da Hui Backdoor Shootout』 
1位 タイラー・ニュートン
2位 ジェイミー・オブライエン
3位 松岡慧斗
4位 中村昭太
5位 ブルース・アイアンズ

チーム
1位 Weed Maps
2位 North Shore Surf Shop
3位 Quiksilver
4位 DaHui Wax
5位 Volcom
6位 Team Japan
7位 CBD MD
8位 Hui O He’e Nalu

No.2
訃報 クリス・ブラウン

まだケリー・スレーターが若かった頃に一緒に活躍していたカリフォルニアのクリス・ブラウン。
顔が特徴あるので、覚えていました。

今朝、Instagramを見ていると原因は不明ながら亡くなったというポストが多数。
STABによると自宅があるサンタバーバラの崖から落ちたということ。

ご冥福をお祈りします。

No.3
パイプラインでボディーボーダーが死去

SurferToday.com

皮肉にも『Da Hui Backdoor Shootout』ファイナルデイの翌日、パイプラインでMarcus Biju(マルクス・ビジュ)というブラジリアンのボディーボーダーが頭を打って意識不明となり、搬送先の病院で死去。

薔薇に棘あり。

パイプラインの波はやはり危険なのだということを再認識させていました。

パイプラインは世界で最も多くのサーファーの命を奪っている波で、怪我だけなら毎日のようにあるそうです。
オーウェン・ライト、ビード・ダービッジ、ダスティ・ペインが大怪我をしたのも記憶に新しいです。

おまけ

VANSの新しいシリーズ。
変わった波を探す「Weird Waves」
なんと!ジェリー・ロペスが登場します。
川でも湖でもサーフィン出来るんだ。

ロペス様の膝の柔らかさに感動。


サーフィンランキング