松岡慧斗が歴史的快挙を成し遂げる可能性が高くなってきた!『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』トップ10が発表!

過去にケリー・スレーター、リカルド・ドス・サントス、リーフ・マッキントッシュ、ネイザン・フローレンス、コア・ロスマン、JOB、カラニ・チャップマンとビッグネームが受賞してきた映像形式のコンテスト『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』
舞台がノースショアに絞られているので、日本人にチャンスが巡ってくる可能性は低いと思っていましたが、今年は1月の『Da Hui Backdoor Shootout』でパーフェクトスコアを出した松岡慧斗のパイプラインの映像が総合優勝になる可能性が高くなってきました。

簡単にルールを説明すると、『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』はノースショアで11月から翌年2月の4ヶ月間。
1ヶ月を一区切りにしてカメラマンが映像をエントリーする。
その中からジェリー・ロペス、パンチョ・サリヴァン、シェーン・ドリアン、ショーン・ブライリーの4名の審査員がトップ5を決め、web投票でトップを決定。
その各月のトップがベースとなり、審査員が再度シーズンのトップ10を決めて審議。
3月28日に総合優勝が発表される。

2014年にはケリー・スレーターが受賞。
そのドキュメンタリーを見れば、どれだけ価値がある賞かが分かる。

例年だとケリーのようにサプライズで賞金の小切手を持っていくんだけど、今年はホノルアのコンサートホール「リバブリック」で盛大な授賞式が開催されるそうです。
もし、松岡慧斗が受賞したら、シンプルなスピーチで決めてくれるでしょう。

もちろん、受賞すれば日本人初。
テレビでは絶対に取り上げられないけど、サーフィンの世界では最高峰レベルの名誉です。


サーフィンランキング

スポンサーリンク