大原洋人がオーストラリアの「Snaketales」で主役級の活躍!

スネークことジェイク・パターソンがボスの「Snaketales」
元々は選手の記録をするために始めた動画ということですが、舞台裏が面白く、毎回楽しみにしているサーファーが多いようです。
(それでもYoutubeの登録数は5000人余りと少ない)

今年は「Snaketales」のメンバーが一新。
QSチームは大原洋人、ナット・ヤング、イーサン・ユーイング、イーサン・オズボーン、バロン・マミヤ。
多分、カノアはCTチームに含まれるのだと思います。

今回の動画はオーストラリア、NSW州のニューキャッスルで開催されたQS6,000『Burton Automotive Pro』
このチームでは大原洋人が9位と最高位だったこともあって主役級。

大原洋人は結構英語が上手いし、愛されキャラなのでチームでも人気者っぽい。
お決まりの寝起きシーンや舞台裏も満載。

それにしてもあの波でよくやるな〜。


サーフィンランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする