どれだけスマホをいじったか選手権!?大原洋人も登場!029 Snaketales Ballito 2019

イーサン、ナット・ヤング、グリフィン、大原洋人などが参加しているスネークことジェイク・パターソンのチーム「Snaketales」

今回は南アフリカで開催された今年最初のQS10,000。

またもや舞台裏満載です。

序盤、一日どれだけスマホを使用しているかの「スクリーンタイム」を記録している映像が。
一日目、洋人は3時間40分とダントツの長さ。
これを意識してか、二日目は1時間5分まで短縮。

ただ、その記録をした後、カメラを回すとみんな必死でスマホをいじっている…。
やっぱり、全世界共通なんですかね。

コンテストの方は今回一コケ。
なんか、ヒート前もやけに緊張している顔でした。

終了後はお菓子やけ喰い…。
夜はやけ酒…。

一緒に回っているナット・ヤングは数年前までCTにいたほどの実力を持っていますが、今はスネークの元でQSからやり直し。
「Hurley」からも見放され、ノースポンサー。

本当に厳しい世界です。

別のシーンではゴルフで勝負。
洋人が負けて罰ゲーム。
ウェットスーツでその日のディナーに向かいます。

それだけでは許されず、店の真ん中でトレーニングを始めてドヤ顔。

「スクリーンタイム」でも優勝(もっとも長時間だった)とコンテスト以外で活躍した回でした。


サーフィンランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク