台風21号と悪魔のような低気圧通過後の海

今年は台風による千葉の被害が酷いですね。

もういい加減にしてくれって感じ。

東日本大震災の時にボランティアの方が被害を受けた家で神棚を見つけ、「これどうします?」と尋ねたところ、「捨てて良いよ。神様なんていないから」と言われたというエピソードを思い出しました…。

昨日の場合は台風21号が東海上の離れた位置を移動。
これだけなら雨の量はあそこまで多くなかったのですが、西から接近してきた低気圧の影響で台風の風と低気圧の移動によって生まれた風がぶつかって記録的な雨を降らせたと言われています。

「ちばらき」ではお昼頃に激しい雨が降り、それがおさまってもう大丈夫かと思いきや、夕方にレーダーで見ると真っ赤な雨雲が通過。
お昼頃の雨が甘かったと思えるほどの豪雨。それも雷も。
近くでは警戒レベル4の避難勧告も出たほどでした。

18時頃には雨雲が通り過ぎて風もおさまってきたけど、本当に凄い雨でした。
恐怖さえ感じましたね。

多大な被害があった千葉南部ではもっと凄かったと思うと、日本に住むには今までと違う考えが必要なのでは?

とりあえず、しばらく台風は発生しないようなので、一安心。

被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。


サーフィンランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク