『Blue.』No.80 ロンハーマンコラボカレンダー付きで11月9日発売っす!

今年もやってきたカレンダー付き『Blue.』の季節。
毎年このカレンダー目当てで購入。
内容をさておきです。

特集の「父ちゃん、海へ行こうよ!」
他のサーフィン雑誌ではあり得ない斬新なテーマです。

プロは別としてサーフィンで一番大切なのは、楽しむこと。
家族でそれを出来たら最高ではないでしょうか。

今日のNAKIさんのブログで正しいことが書いてあったので引用します。

「サーフィンとは、波の上を滑ること」

そんな純粋なる原則は、なんちゃって専門誌のHow Toでは伝えていないという話題にもなった。
具体的に言うと、サーフィン雑誌風の誌面では、トップアクションか、ボトムターンのことばかりが書かれている。
まじめな読者がこれを使って研究すると、せっかく乗った波に「テクニック」してしまうので、そのたいていは、ワイプアウトかプルアウトしているという事実に気づいた。
また、誌面内に溢れる適正体積重視のサーフボードが伝える結果、浮力があるボードではサーフィンが楽しめないという、逆転現象となり、

「波に乗ることがまともにできない難民があふれています」とは、
サーフィン研究所の所長の談だ。

【サーフィン研究所:テクニック編&伊豆まとめ前編】How To本より40倍早い上達方法_波の上を滑ること_さよならアンディ・ファミリー!_ありがとう伊豆_(1737文字)

モラスクのアートディレクター、スカイラー・ビークロフトのアートの世界

特集では映画ワキタピークを製作した清野さんも登場

サーフキャンプ特集

トム・キャロルの大野マーさんの奄美大島旅

ロンハーマンコラボカレンダー これだけでも価値があります

サーフサイド・スタイル・マガジン『Blue.』オフィシャルサイト。サーフィンに関する情報、サーファーズライフスタイルやオリジナル商品の紹介。


サーフィンランキング

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Blue. (ブルー) 2019年 12月号 [雑誌]
価格:1249円(税込、送料無料) (2019/11/12時点)

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク