新フォーマット『Nazaré Challenge』カイ・レニー&ジャスティン・デュポンが優勝!

PHOTO: © WSL/Masurel

今年からトーインでのチーム戦になった『Nazaré Challenge』

数年前から世界を代表するビッグウェーブの聖地になったポルトガルのナザレが舞台。

イエローアラートが4日前に出され、2日前にグリーンアラートが発令。
ライブ中継は日本時間の昨晩。
2月11日、ケリー・スレーターの誕生日(48歳)でもあります。

ご存知の方も多いでしょうが、ナザレの波はスケールが違います。
本当に山。
スノーボードをしているような大きさなんです。

ライディング的にはテイクオフしてフェイスを滑るだけなので、ライブだと迫力が伝わりにくいものの、
生で見たら鳥肌ものなんでしょうね。

チームでの優勝は、ナザレでは最強の男、ブラジリアンのルーカス・チアンカとハワイのカイ・レニー。
「Team Young Bulls」としてエントリーして優勝。

個人ではカイが優勝。
テイクオフしていきなりボードごと360度回ってしまったり、本当にやることが凄い。
彼はことごとく常識を超えてきますね。

フォイルサーフィンの世界でも有名。
もう天才としかいいようがありません。

ウィメンズはフレンチのジャスティン・デュポン。
この人はISAでも選手として来日していたし、小さくても大きくても世界トップ。

ナザレでの映像で『2019 Women’s XXL Biggest Wave Award』も受賞しています。

動画を見たら分かりますが、あの波で一日コンテストを開催して病院送りのサーファーが1名というのも奇跡のようです。
病院送りになったポルトガルチームのアレックス・ボッテロは、ジェットスキーごと吹っ飛ばされていました。
衝撃的な映像です。

ビッグウェーブのイベントはいつ開催されるか分からないので、今シーズンからJAWSのナザレの2イベントだけに。
JAWSも終わったので、今シーズンはコンプリート。

そもそも、ビッグウェーブのサーフィンをシリーズ化して世界一とか決めるのはナンセンスだったのですよね。
チャレンジする人生、最高です。

WSL公式サイト

この投稿をInstagramで見る

Congratulations @kai_lenny & @lucaschumbo (Team Young Bulls), Nazaré Tow Surfing Challenge pres. by Jogos Santa Casa Team Champions!! 🏆 @wslbigwave

World Surf League(@wsl)がシェアした投稿 –


サーフィンランキング

スポンサーリンク