小林桂がフロリダでQS初優勝!

PHOTO: © WSL

先日、WSLから発表があったように3月の残りのイベントは進行形のを除いて全て中止か延期。
CT開幕戦もやりません。

コロナウィルスの影響でサーフィン界もかき回されています。

滑り込みで開催されたケリー・スレーターの故郷、フロリダ・ココアビーチの『Ron Jon Quiksilver Pro』
QS1,500とグレードは低いですが、小林桂が優勝しました。
(QFでは上山キアヌ久里朱と対戦)

小林桂は2016年にこのイベント併催のジュニアで優勝経験があるそうです。

QSでも何度か勝っているイメージでしたが、2017年にファイナル進出、惜しくも2位。
実は今回のフロリダが初優勝です。

五十嵐カノアと同じく、両親は日本人ですが、カリフォルニアで生まれ育ったので国籍はアメリカ。
お父さんはトラッセルズで長年日本人コンテストを開催している方です。

プロフィール動画は以下。
お母さんも面白い方です。

WSL公式サイト


サーフィンランキング

これ、効くみたいです。
我が家にあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク