日本医師会が学校の閉鎖はほぼ無意味だったと告白…

BCGの件もそうですが、日本に新型コロナウイルスが広がらず、
そもそも緊急事態宣言も無意味だったという見解を示す人が増えてきていますね。

今回は「日本医師会」が小児に関することを発表。
要約すると新型コロナウイルスは小児の感染リスクが少なく、逆に家にいた方がリスクがあった。
つまり、学校の閉鎖はほぼ無意味だったのか?
というか、これ見ると今すぐ学校を通常通りに再開しないと逆に危険ってことかも。

・COVID-19患者の中で小児が占める割合は少なく、また、その殆どは家族内感染である。

・現時点では、学校や保育園におけるクラスターはないか、あるとしても極めて稀と考えられる。そして、小児では成人と比べて軽症で、死亡例も殆どない。乳児では発熱のみのこともある。10代では凍瘡様皮膚病変が足先にできることがある。他の病原体との混合感染も少なくない。

・学校や保育施設の閉鎖は流行阻止効果に乏しく、逆にCOVID-19死亡率を高める可能性が推定されている。

・教育・保育・療育・医療福祉施設等の閉鎖が子どもの心身を脅かしており、小児に関してはCOVID-19関連健康被害の方が問題と思われる。

小児の新型コロナウイルス感染症に関する医学的知見の現状


サーフィンランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク