ケリー・スレーターがライバルのウェーブプールでサーフィンしまくる

他のプロスポーツで自ら競技場を造り、そこで世界最大の大会を開催した人は他にいるのだろうか?

サーフィン界のキング、ケリー・スレーターはその偉業を成し遂げ、48歳にして現役として活躍しています。

ケリーの造ったウェーブプールはカリフォルニアの内陸にあり、名前はサーフランチ
サーファーなら認知度99%だと思います。

このサーフランチの前後からウェーブプール業界は賑やかになり、
商業施設としては最も成功しているだろうテキサスのBSRサーフリゾートになんと!ケリーがシェーン・ドリアンの息子、ジャクソンなどと乗り込み、映像を残しています。

バレルセクションが長いサーフランチに対してBSRサーフリゾートはエアーに特化した波なので、若いショートボーダーには最高の練習場所でしょうね。
ジャクソン・ドリアンも凄いですが、孫でも不思議ではないサーファーと張り合っているケリーはもっと凄い。

これ、日本に出来ないの?

(07-15-20) Erin, Jackson, Kelly from G Scott on Vimeo.


サーフィンランキング

スポンサーリンク