世界のサーフィンニュース 2020年10月30日

世界のサーフィンニュースの個人的なランキング。

スポンサーリンク

No.1
イタロ・フェレイラも挑戦 ナザレに歴史的スウェル

WSL

ポルトガルのナザレといえば、今やワイメアやJAWSを超えたビッグウェーブの聖地。
ギネス記録もここで生まれています。

地形の関係で波のサイズが大きくなりやすいとか。

そして、コロナ禍の2020年。
特にヨーロッパはひどい状況の中、10月最後の水曜日〜木曜日に歴史的スウェルが到達。
風が合って60〜70ftとも言われるこの波は本当に貴重。

コロナ禍でここに来られるサーファーは限られるものの、歴史的スウェルに歴史的なセッション。
なんと、あのワールドチャンピオン、イタロもやってきました。

イタロはパイプこそ凄い。
しかし、ビッグウェーブのイメージはゼロ。
こんな状況だからこそチャレンジしているのでしょう。
この波、本当に死と隣り合わせだし、怪我のリスクも高いので、CTサーファーは来ません。
だからこそ、イタロのこの行動はかなり評価されるべき。
下手したら、WSL側から止められていた可能性もありますし。

この動画はポルトガルのNic Von RuppのリアルなVlog。
大迫力。

No.2
韓国に次世代ウェーブプール誕生

Wavegarden

日本では噂されていたケリーのサーフランチがお蔵入り。
静波のウェーブプールは建設途中で、オープンは先。
そんな中、お隣韓国でスペインの「Wavegarden」システムを使用したウェーブプールがリゾート内に完成しました。

すでにオープンして動画も数多く公開されています。
料金も5000円程度とお手頃。
ただリゾートなので、ホテルはお高いのかも。

Wave Park Opening 2020 in South Korea from wavegarden on Vimeo.

No.3
五十嵐カノアがフォーブスジャパンの「30 UNDER 30」に選ばれる

WSL / Damien Poullenot

これは日本のニュースですが、元はアメリカの経済誌発信なので。

アメリカの経済誌「Forbes(フォーブス)」が2011年からスタートした「30 UNDER 30」
世界に影響を与える30歳未満の30人というアワードが世界に広がり、2018年には日本版でもスタート。
今年で3回目、スポーツ界では3名選ばれ、五十嵐カノア、テニス世界ランキング56位の西岡良仁。
バスケットBリーグの河村勇輝。

過去にはボクシングの井上尚弥、陸上のサニブラウン・アブデル・ハキーム。
サッカーの久保建英、スノーボードの平野歩夢、NBAの八村塁が選ばれている栄誉ある賞です。

実はカノアには何度か会ったことがあるのですが、誰にでも礼儀正しく、素晴らしいスポーツマンです。
だからこそ、資生堂やディオールなどサーフィン以外のブランドも惹かれるんですよね。

サーファーのイメージを変えてくれるカノアさん。
応援しています。

世界を変える30歳未満30人の日本人の表彰する「30 UNDER 30 JAPAN」。米『フォーブス』の歴代受賞者、マーク・ザッカーバーグや錦織圭に続くのは誰だ。


サーフィンランキング

スポンサーリンク