ジョン・ジョン・フローレンス 念願のパイプマスターズを最高の形で獲得!

PHOTO:© WSL/Tony

もうご存知でしょうが、ハワイの開幕戦でジョン・ジョンが優勝。

ワールドタイトル、トリプルクラウン、エディ、オリンピック代表。
全ての名誉を持っていたものの、パイプマスターズだけは何故か逃していたジョン・ジョン。

コロナ禍で行われた50周年の大舞台で獲得しました。

波はトライアルがピークでメインラウンドはスペシャルとは言い難い波。
それもCEOがコロナ陽性という緊急事態もありましたが、終わってみれば良いマスターズでした。

なにせカードが良かった。
ケリーとロボ、ケリーとジョン・ジョン、ガブリエルとイタロ。

そして、ファイナルはジョン・ジョンとガブリエルだもんね。

ジョン・ジョンが乗るとパイプもバックドアも簡単そうなんだけど、
あれが彼の強み。
目の前に住んでいるんですからね。

おめでとうございます。
次は年明けのサンセット。
トリプルクラウンはデジタルで始まりました。

WSL公式サイト


サーフィンランキング

スポンサーリンク