コロナでサンセットビーチのCT第2戦中止、第3戦延期

WSL / Kirstin Scholtz

2020年はサーフィン最高峰のコンテスト、ワールドツアー通称CTが中止。
幻のシーズンとなったのですが、2021年も怪しくなってきました。

12月に前倒しで開幕した2021シーズン、開幕戦のパイプはCEO他スタッフがコロナ陽性になりながらも無事に最後まで終え、ウィメンズはローカルがシャークアタックに遭って会場の変更を余儀なくされながらもパイプで終え、次は第2戦のサンセットビーチ、1月開催という状況でした。

隔離があるので、選手はクリスマス期間も国に帰れず、ハワイに滞在。
ただただサーフィンをして準備をしていたものの、ハワイ州がWSLにコンテスト中止を促し、第2戦とジョーズでのビッグウェーブイベントの中止が決定しました。

加えて、2月に予定されていたカリフォルニアの第3戦が延期。
これは事実上の中止でしょうね。

カリフォルニアは全米で最も感染者が多い州だし、ICU(集中治療室)の空きが0%と切迫しています。
ロックダウンも継続されているし、そんな場所でコンテストを行うことは難しいでしょう。

その次は4月〜5月のオーストラリアレッグ。
ベルズ、マーガレットリバー、ゴールドコースト。

オーストラリア自体はコロナを抑えているので、開催は出来そうですが、他国の選手を入れるので、
これはWSLや政府の塩梅でしょうね。

これも中止だとオリンピックだって怪しくなります。

どうなるのでしょうか?

WSL公式サイト


サーフィンランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク