「 世界のサーフィンニュース 」一覧

加藤嵐がカリフォルニアで表彰台に上がる!

加藤嵐がカリフォルニアで表彰台に上がる!

世界トップのサーフィンコンテスト、WSLのチャンピオンシップツアー。 通称CTはメンズ34名、ウィメンズ17名で争われます。 (プラス各イベントにワイルドカードが2名とウィメンズは1名) その夢の舞台に上がるためにはクオリファイシリーズ。 通称QSでトップ10、ウィメンズはトップ6に入る必要があり、非常に狭き門です。

Train like Sally

Train like Sally

サーフィン大国オーストラリア。 この国ではサーフィンが学校の授業に取り組まれるほど一般的で、親も子供が街でブラブラしているより、海に行っている方が安心で、週末ともなると子供からお爺ちゃん、お婆ちゃんと呼ばれる年齢の人までがサーフィンを楽しんでいます。 サーフィンをしない人でも海で泳いでいたり、ランニングをしていたり、この国の人達は健康志向が強いと若い頃ワーホリとビジネスビザでオーストラリアの海沿いの街に数年滞在した経験がある自分は感じましたし、実際にそうなのでしょう。

イタロ・フェレイラが負傷…

イタロ・フェレイラが負傷…

終了したばかりのCT開幕戦でバックハンドの540をノーグラブでメイク。 パーフェクト10をマークして話題になり、QF進出で5位とまずまずのスタートを切ったブラジリアンのイタロ・フェレイラ。 デュランバーでのフリーサーフィン中に同じようなエアーに失敗して負傷したという最新のニュースが入っています。 イタロはすぐに病院に運ばれてMRIへ。

オーウェン・ライトがドラマティックな復活劇を果たす!

オーウェン・ライトがドラマティックな復活劇を果たす!

今年は「Samsung」が例の汚職事件が原因か、ワールドツアーとの契約が切れたため、ちょっと心配でしたが、何事もなく開幕戦がスタートして3月19日に無事終了。 昔からワールドツアーの開幕戦はオーストラリアと決まっていて、ワーホリ時代にキラで行われていたコンテストを生で見たことがあります。

大原洋人 Avoca BeachのQSでR5進出 インタビュー翻訳

大原洋人 Avoca BeachのQSでR5進出 インタビュー翻訳

オーストラリア・マンリーの『Australian Open of Surfing』でファイナルデイまで残り、3位に入った大原洋人。 QSランキングも4位とキャリア最高のシーズンスタートになっていますが、そのマンリーから数時間北上したNSWのアヴォカビーチで早くも次の戦い『Komunity Project Central Coast Pro』が幕を開け、大原洋人はトップシードとしてR4から参加して次のR5に進みました。