「 映像 雑誌 アート 」一覧

五十嵐カノア 私生活から『Vans US Open of Surfing』 まで

五十嵐カノア 私生活から『Vans US Open of Surfing』 まで

今年の『Vans US Open of Surfing』 で優勝した五十嵐カノア。 両親が日本人のカノアですが、生まれも育ちもカリフォルニアのハンティントンビーチなので、ホームで一番大きなコンテストでの優勝はまさに夢が現実になった瞬間だったでしょう。 それでも何度も惜しい場所まで勝っていたので、念願の優勝が決まった時は本当に嬉しそうでしたよね。

ジャック・ジョンソン 4年ぶりのニューアルバム 『All The Light Above It Too』をリリース

ジャック・ジョンソン 4年ぶりのニューアルバム 『All The Light Above It Too』をリリース

サーフミュージックの代表格、ハワイのノースショアのサーファーでもあるジャック・ジョンソン。 数年前にサーフミュージックが流行った時に良く聞いていたけど、最近はさっぱり。 どうしたのかな〜と思っていましたが、長い充電期間を終えて4年ぶりのニューアルバム 『All The Light Above It Too』を発表。 9月8日に発売されました。

驚くべき10歳の天才ガールズサーファー

驚くべき10歳の天才ガールズサーファー

以前にも紹介したCT選手、ジョシュ・カーの娘、シエラ・カー。 まだ10歳の彼女ですが、すでにインドネシアのメンタワイでチューブに入ったり、スケートボードでは大人顔負けのトリックをメイクしたり、早くも才能を開花。 本当にビックリです。 今回紹介する動画は彼女のインスタにポストされていたボートサーフィンでのクリップ。 ボートサーフィンとは湖や川などでボートで出来た波に乗る新しい遊び。 ボートが動く限り、同じ波に続くので、サーフィンの練習にはとても良いと最近評判です。 (コストはかかるけど)

「サーフクラブ」創刊!サーフィン雑誌戦争が始まった!?

「サーフクラブ」創刊!サーフィン雑誌戦争が始まった!?

4月に更新した記事、雑誌「サーフィンライフ」復刊!から2ヶ月。 「サーフィンライフ」に加え、「SURF MAGAZINE」 そして、2誌の第2号と同時に「サーフクラブ」が創刊。 オリンピック効果なのか、こんなにサーフィン雑誌が書店に並んだのは本当に久しぶり。 でも、SNSやインターネットで情報が無料で手に入るこの時代に生き残れるのか? とりあえず、独断と偏見なレビュー。

『柏の葉T-SITE』へ行ってきたぞ!

『柏の葉T-SITE』へ行ってきたぞ!

2017年の3月にオープンした『柏の葉T-SITE』に行ってきました。 『T-SITE』は数年前に代官山に行ったことがあり、これが「TSUTAYA」か? いや、もはや「TSUTAYA」ではないなと少し感動し、本の多さに興奮。 でも、結構混んでいて、「ソファで本を読みながらスタバ」というイメージしていたことは出来ませんでした。

BEACH COMBING MAGAZINE(ビーチコーミング・マガジン) 2017 今年も届いた!

BEACH COMBING MAGAZINE(ビーチコーミング・マガジン) 2017 今年も届いた!

すでに紙媒体の時代ではないけど、今年は新しいサーフィン雑誌「SURF MAGAZINE」の創刊や、「サーフィンライフ」の復刊など、そもそもアナログ色が強いサーファーの間では、少し流れが変わっている。 サーフィン界のフリーマガジンの老舗「BEACH COMBING MAGAZINE」は全盛期に比べると大分薄くなったものの、まだ粘り強く、毎年春に配布を続けている。

ロブ・マチャドが日本にやってくる!

ロブ・マチャドが日本にやってくる!

日本が本格的なサーフィンシーズンに入るこの時期はプロモーションのために有名外国人サーファーが来日することが多い。 今週末、4月14日、15日は『AMSTERDAM COMMUNITEY』のプレミアパーティーでアレックス・ノストが来日。 (ジョエル・チューダーは急遽キャンセル) 湘南でサーフィンしていたみたいです。

雑誌「サーフィンライフ」復刊!

雑誌「サーフィンライフ」復刊!

昨日のブログにもある通り、自分がサーフィンを始めた頃はインターネットがなく、サーフィンに関する情報と言えば雑誌かビデオ(VHS)しか無かった。 当時の二大雑誌「サーフィンライフ」「サーフィンワールド」は毎月購入して愛読してました。 時が過ぎ、「サーフトリップジャーナル」や、「サーフィンワールド」が廃刊されて「サーフファースト」に変わってしばらくたった頃には情報源の中心はインターネットに変わり始め、雑誌の購入頻度が徐々に減っていった。

ロブ・マチャドも出演するテイラー・スティール新作フィルム「PROXIMITY」

ロブ・マチャドも出演するテイラー・スティール新作フィルム「PROXIMITY」

キング・ケリー・スレーターと並ぶサーフィン界のスター、ロブ・マチャド。 モーメンタム世代、日本では「Flow」世代として一世を風靡した二人のサーファー。 ケリーはコンテストの世界を極め、ロブは早々とコンテストの世界を去り、フリーサーフィンの道を歩んだ。 そして、ケリーが立ち上げたサーフボードブランド「Slater Designs」ではシェイパーとして参加。